Instagramはこちら! 通販サイトはこちら!

ラリマーの効果と体験談【『ドルフィンストーン』母なる海を想起させる】

ラリマーは『愛と平和』を象徴し、心の奥に隠された怒りや嫉妬といったネガティブな感情を解消してくれるといわれています。海をそのまま結晶化したような独特の美しさがあります。

『変化』に強い石でもあり、転職や転居など新しい環境にともなう不安をやわらげ、自分で今後の目標を見つけるという幸運をもたらしてくれるといわれています。これから新しいことにチャレンジする人は、ペンダントとして身につけるとよいでしょう。

今回は、ラリマーについての効果と意味、体験談をまとめていきます。

ラリマーの意味

ラリマーの名前は、発見者の娘の名前(Laris)+スペイン語の「Mar(=海)」を組み合わせたものに由来するといわれています。

他にも、古代アトランティスに因む「アトランティスストーン」やイルカを連想させる海の模様から「ドルフィンストーン」という俗称もつけられています。

ラリマーの特徴

ラリマーはナトリウムとカルシウムを主成分とするペクトライトに分類される石で、カリブの海をそのまま結晶化したような美しさから「カリブの宝石」とも呼ばれ、近年ジュエリーとしての人気も非常に高まっています。

ペクトライト自体は世界各地で産出しますが、ラリマー(ブルーペクトライト)の産出はドミニカ共和国に偏っています。1974年に発見された比較的新しい石です。

ラリマーのエネルギー

チャロアイト、スギライトと並んで”世界3大ヒーリングストーン”とされているラリマーは、優しく平和的なエネルギーを持つ石で、利害関係や私利私欲を抜きにした、思いやりに満ちたコミュニケーションを実現するエネルギーをもっています。人の心を理解し通じ合う力は、イルカのようなイメージで、人種や環境を超えて理解を深めて、その関係性をベースにして変化と成長を促進してくれます。

ラリマーは、感情をストレートに表現することを苦手とする意識や、人からどう見られるかを気にしすぎるなどのストレスから解放し、肩の力を抜いた自然なコミュニケーションを促してくれます。

エネルギーの特性

  1. 人種、環境を超えた理解を促す
  2. 愛と平和の象徴
  3. 潜在意識下のネガティブの解消
  4. 心身のリラックス
  5. 生きる喜びを見出す

ラリマーの陰陽五行的理解

(※()内の数字は上記エネルギーの特性より参照)

ラリマーは海のような模様を持ち、海を象徴するエネルギーを持つことから、陰陽五行では「水」のエネルギーをもちます。

陰陽五行の「水」は、自我を象徴しますが、その”自我”は単なる”エゴ”ではなく、自我の本質と表現され、それは魂や周波数(バイブレーション)といわれているもののことです。ラリマーは「水」のエネルギーを持つため、このエネルギーを高め、本質は霊的なレベルにあるということを理解させてくれるのです。その結果、人種や環境といったものは現世におけるモノの見方でしかないということがわかり、本質の理解につながるのです(1)。愛と平和は、本質的な相互理解の先にあります(2)。魂(「水」)という本質の理解が、本人の思想(「木」)になることを「水生木(すいせいもく)」の相生ルートと表現することもできます。

また、本質がわかるとネガティブに陥る必要がなくなります(3)。ある意味、悟りに至るような状態です。ここでは肉体に縛られてストレスを感じることもないでしょう(4)。そして、生きることの本質がわかると、魂の成長のために人生があることが理解され、生きることに喜びが見出されます(5)。

ラリマーの陰陽五行的理解
  • 「水」のエネルギーを持ち、本質を理解させてくれる。
  • 本質がわかれば、人生は楽しくなる。
  • 「母なる海」という大きな視点を教えてくれる。
不思議とまわりに優しくなれる石です!

ラリマーの使い方

長時間手に持つか、身に着けます。足に使うと効果的です。

ラリマーのおすすめ組み合わせ

  • ラリマー×ロードクロサイト×ラブラドライト
    ⇒恋愛面でのソウルメイト(運命の人)を引き寄せる組み合わせです。縁のある人との縁を強化してくれます。
  • ラリマー×アパタイト
    ⇒人間関係における信頼、絆を深めてくれる組み合わせです。仕事や家族間での関係に有効で、恋愛関係の絆には対応していません。
  • ラリマー×クリソコラ
    ⇒仕事や住宅環境から受ける環境的なストレスを軽減してくれる組み合わせです。自分にとって良い環境を作るために有効です。
  • ラリマー×アメジスト
    ⇒現状の人間関係における不和を解消し、調和の方向に導いてくれる組み合わせです。言葉を超越した信頼をもたらしてくれます。

ラリマーが強すぎる場合

ラリマーはとても高価で日本で入手するのは少々困難であるため、入手できるタイミングがきたら、それが必要な時だったということが多いようです。そのため、エネルギーが強すぎると感じることは少ないと思われます。苦手意識を持たれることも少ない石です。

もしラリマーが強すぎると感じた場合には、同じ海のエネルギーを象徴するアクアマリンや、みんなが地球上の一員であることを教えてくれるクリソコラなどを使うこともできるかもしれません。

ラリマーの体験談

『人の輪がどんどん広がる、ラリマーの不思議な魅力』

お店でラリマーを扱うことになったとき、驚くほど素早く完売してしまいました。ラリマーがあると聞きつけた人が次々やってきて、オーダーしてくださるのです。なぜこんなにも素早く広がったのか、今でも不思議です。

それまでは細々とやっていた商売ですが、一気に流れがよくなって、お客様の幅も広くなりました。

ラリマーには人を強く惹きつけ、みんなが平等であるということを理解させる力があると実感した出来事でした。

カードにおけるラリマーの意味

各種カードにおけるラリマーの意味を比較していきます。

『CRYSTALS』by Emily Anderson

記載なし

出典:Emily Anderson『CRYSTALS』

『daily crystal inspiration』by Heather Askinosie

記載なし

出典:Heather Askinosie『daily crystal inspiration』

『CRYSTALS THE STONE DECK』by Andrew Smart

Slow your roll.(あなたの役割を遅くしてください。)

出典:Andrew Smart『CRYSTALS THE STONE DECK』

『THE CRYSTAL SPIRITS ORACLE』 by Colette Baron-reid

出典: Colette Baron-reid『THE CRYSTAL SPIRITS ORACLE』

『CRYSTAL ANGELS ORACLE CARDS』 by Doreen Virtue

敏感な感情
感情と感受性が高まり、十分なセルフケアと優しさが必要なときです。

出典:Doreen Virtue 『CRYSTAL ANGELS ORACLE CARDS』

コメント

タイトルとURLをコピーしました